c型肝炎に感染しても治せる【治療でガーンのガックリ解消】

サプリメント

他の肝炎との違い

薬

C型肝炎の他にも、a型肝炎やb型肝炎などがあります。これらは、c型肝炎とどのような違いがあるのかあまり知らないという人も多いかもしれません。そこで、このページではa型とb型、c型肝炎とその他の肝炎の違いについて説明していきます。

Read More

検査を受けて確認

女性

c型肝炎に感染しているかというのは、検査をすることで明らかになります。肝機能の検査で異常があると医師から言われた人、輸血を経験したことのあるという人は肝炎ウイルスに感染したか検査をしておきたいところです。

Read More

治療法や治療内容の決め方

女性

c型肝炎に感染してしまったからといって、諦めてはいけません。c型肝炎には、その感染症を治せるような治療法がありますので、医療機関を受診して適切な治療法で治療を進めていきましょう。

Read More

肝臓がんは血液検査で

自分がc型肝炎にかかっているかどうか知りたいならこちらのサイトをぜひご覧ください。治療方法なども紹介しているので必見ですよ。

比較的なりやすい

薬

肝臓がんは主に2つの要因で発症します。1つ目は昔輸血したことにより起こるc型肝炎が悪化し発症するケースと生活習慣が悪く発症するケースがあります。 c型肝炎による肝臓がんの場合早期に治療を開始すれば肝炎ウイルスを除去でき健康な方と同じような状態に持っていけるようになってきました。 定期的な健康診断の効果か年齢調整率では肝臓がんの罹患率、死亡率ともに減少傾向です。治療法もかなり確立してきたといえます。 またがん患者が全体的に増加していることもあり、肝臓がんになる人数としては増加傾向でしたが近年になり、横ばいあるいは減少傾向になりつつあります。 肝臓がんは現在では40歳くらいから発症しはじめ50代を超えると発症するリスクが高くなります。

肝臓がんの特徴

肝臓の機能はアルコールや薬物の代謝以外にもコレステロールを作ったり、尿素の分解など様々な働きをしています。 肝腎要というほど大事な器官です。肝臓がんになるとこれらの機能に異常は生じるため、血液検査でもわかることがあります。 中性脂肪やコレステロールなどが高値になり、エネルギーの代謝がうまくできず慢性疲労状態に陥ります。糖質の代謝も肝臓の働きであるため糖尿病様症状も発症します。 つまり生活習慣病全般に関わり、慢性疲労も伴う場合一度病院を受診された方がいいです。 ただ厄介なことが、肝臓は沈黙の臓器とも言われるほど肝臓がん特有の症状はありません。また昔は肝臓がんはウイルスかアルコールが原因だとされて来ましたが、アルコールに影響しない肝臓がんも近年になり注目されています。